治療器の紹介

超音波治療器 UST-770

超音波とLIPUSの両方が使用できる機器です。

超音波は、深部に直接刺激を与えることにより患部を効率よく温め、疼痛の緩和筋肉痛や関節痛、関節拘縮の軽減につながります。

LIPUSは、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できます。

ハイボルテージと超音波を同時に使用することも可能で、超音波で温熱を加えながら深部に対して電気刺激を到達させることが可能です。

具体的な治療効果

  • 骨折の治癒促進効果…肋骨ヒビ、鎖骨骨折、オスグッドなど
  • 深部から温めることにより血流を促進…腰痛、肩凝り、膝痛など
  • 電気の治療と組み合わせることにより、温めながら効率よく刺激…足底腱膜炎、腱鞘炎など

低周波治療器 ES-5000

立体的に複雑な電流のうねりを発生させ、広範囲に深部を刺激する「立体動態波モード」、
マイクロカレント治療が立体的に行える「3D MENSモード」に加えて、
筋肉に立体的な刺激を与える「3D EMSモード」を搭載。

「Hi-Voltageモード」、「EMSモード」、「MCRモード」を合わせた6種類の電気刺激モードにより、患者様一人ひとりの症状に合わせた多彩な治療を可能にします。

具体的な治療効果

  • 立体動態波…膝、肩、股関節等の関節の痛みやぎっくり腰などの症状に効果を発揮します
  • 3D EMS…寝ているだけで電気の刺激により体幹から足腰の筋力トレーニングが可能
  • 3D MENS…電気刺激を感じない微弱電流をかけることにより足関節捻挫など靱帯損傷やケガの早期回復などに効果を発揮します
  • Hi-voltage…高出力の刺激を患部に入れることにより肩凝り腰痛などの痛みを緩和させます。